一般社団法人日本先進医療臨床研究会のジェネピック治療研究部会サイトです。
  • ジェネピック

ジェネピック治療研究部会について

ATPブロッカー「GenEpic(ジェネピック)」とは、FDAフェーズ2臨床試験でステージ3・4の前立腺がん患者60名に対し、消失56名(CR93.3%)という驚異的な結果を記録した、副作用のないハーブ組成・抗腫瘍成分の未承認医薬品です。

一般社団法人日本先進医療臨床研究会のジェネピック治療研究部会では、日本での追試と「新薬(漢方製剤)申請」を目指した臨床研究を行っています。

第4のがん治療とも言われ、これまでの抗がん剤治療とは異なり、長期にわたる投与により完治が期待されます。

LINEで送る
Pocket

ジェネピック関連の最新セミナー・イベント情報

ジェネピック治療研究部会からのお知らせ

ATPブロッカー「GenEpic(ジェネピック)」の情報を発信していきます

当サイトをご覧いただき、ありがとうございます。 海外の臨床研究(乳がん・前立腺がん)で驚異的な効果を記録した話題のATPブロッカー「GenEpic(ジェネピック)」について、当サイトで情報を発信するとともに、医療機関で取 …

GPCC臨床研究の振込先変更のお知らせ

GPCC臨床研究は、重要事項説明書に明記してご説明している通り、薬剤代と臨床研究費は別経費となっていますが、当会顧問弁護士からの指摘で、現行の支払い方法では海外未承認薬を臨床研究会が販売しているかのような誤解を受ける、と …

GPCC(ジェネピック)臨床研究の新プロトコルのお知らせ

アメリカでのGPCC(ジェネピック)臨床研究の実施方法に基づき、日本での臨床研究も以下の様に変更します。 (1)ステージ1~3の癌患者さんは、1日2包(午前9時までに1包、午後2時までに1包) (2)ステージ4の癌患者さ …

【会員医師各位】ジェネピック関連団体と内容成分が変更になりました

この度、ジェネピックの製造企業が変更になり、成分内容が変更になったとの報告が米国よりありました。詳細につきましては12月4日~6日の日程で、東京・大阪・福岡の各会場にて、ジェネピック開発者であるトレーシー・ギブズ博士が来 …

【会員医師各位】ジェネピックの発送は薬監証明の取得方式に変更となります

ジェネピックの発送方法が変更になりましたのでお知らせします。 今後、新規の申込者に対しては、ジェネピックの通関に関して薬監証明を取得して、一括払いでは12箱、2回分割では6箱×2回の送付に変更することとなりました。これに …

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.