この度、ジェネピックの製造企業が変更になり、成分内容が変更になったとの報告が米国よりありました。詳細につきましては12月4日~6日の日程で、東京・大阪・福岡の各会場にて、ジェネピック開発者であるトレーシー・ギブズ博士が来日して説明会を開催する事となりましたので、ぜひご参加ください。

※説明会に先立ちまして、変更内容について下記の通りご説明させていただきます。

ジェネピック臨床研究、米国製造企業、日本向け販売代理店について

ジェネピック臨床研究とは何ですか?

日本在住のがん患者さんと米国バイオクエストオーバーシーズ社との売買契約に基づき、海外未承認薬(GenEpic=米国ではサプリメント)を日本に個人輸入して1クール6ヶ月(または2クール12ヶ月)の治療効果を判定する臨床研究です。

臨床研究会とバイオクエストオーバーシーズ社の関係は?

日本先進医療臨床研究会は、米国バイオクエストオーバーシーズ社の要請により1クール6ヶ月(または2クール12ヶ月)のジェネピックの臨床研究を行っています。またその研究結果を学会や論文などで発表予定です。

バイオクエストオーバーシーズ社はジェネピックのメーカーですか?

バイオクエストオーバーシーズ社はメーカーではなくGenEpicのアジア方面の独占代理店です。GenEpicの開発者でありAESシステムの特許権者であるTracy Gibbs博士は、2016年8月1日をもって、AESシステムを含む全てのフォーミュラ(製品)の製造権と販売権をPhytovation社に統合し、製造及び販売を開始しました。今後、博士の処方する全てのサプリメント及び処方薬はPhytovation社を通して、バイオクエストオーバーシーズ社など各独占代理店により各国に供給されます。

ジェネピックは返金・返品ができますか?

日本の薬事法により、海外から個人輸入した未承認医薬品の売買・譲渡は、健康被害の防止の観点から禁止されています。このため米国より出荷された未承認医薬品の返金・返品はできません。

未発送の分の代金は返金されますか?

米国を未出荷の分の代金の返金は可能ですが、入金後1年以内の返金は米国のマネーロンダリング防止の法律により、手続きや各種証明などが必要となるため、通常の資金移動より面倒で時間が掛かります。通常、米国内で手続きを開始してから2ヶ月程度(時期や状況によってはもっと)かかります。

ジェネピックの成分内容の変更について

日本でジェネピック臨床研究を開始したのは2015年6月時点のジェネピックと、現在(2016年8月1日以降に)製造されているジェネピックは成分内容が変更になっています。医学や臨床栄養学は日進月歩の世界であり、最新の論文や学説によって成分内容は常に更新されていきますが、基本的に改善による変更となりますので、この点に関してご心配のないようお願い申し上げます。

今回の変更点の詳細は以下に記載しましたが、最新の論文・学説に鑑み、脂溶性ビタミン2種を若干減量され、水溶性ビタミンとミネラル類の含有量を増量されています。また、抗腫瘍成分の要であるアセトゲニンを含む植物栄養素ブレンドが大幅に増量されました。

【成分変更点】
脂溶性ビタミンE:50IU → 30IU(↓減量)
脂溶性ビタミンK2:11mcg → 10mcg(↓減量)
水溶性ビタミンB6:3.5mg → 4mg(↑増量)
水溶性ビタミンB1:3mg → 4mg(↑増量)
水溶性ビタミンB3:12.5mg → 13mg(↑増量)
水溶性ビタミンB5:12.5mg → 15mg(↑増量)
マグネシウム:60mg → 90mg(↑増量)
鉄:2.5mg → 13mg(↑増量)
亜鉛:7.5mg → 8mg(↑増量)
カルシウム:100mg → 105mg(↑増量)
バナジウム:5mcg → 10mcg(↑増量)
霊芝:10%ベータグルカン → 23%ベータグルカン(↑増量)
マイタケ:25%ベータグルカン → 30%ベータグルカン(↑増量)
シイタケ:50%ベータグルカン → 20%ベータグルカン(↓減量)
特許取得の酵素ブレンド:933mg → 934mg(↑増量)
植物栄養素ブレンド:1395mg → 1825mg(↑増量 ↑↑アセトゲニン大幅増量)

会員医師の皆様およびスタッフの皆様には大変お手数をおかけしますが、もし患者様よりご質問などありましたら、その旨ご対応いただきたく、お願い申し上げます。

なお、上記の件についてのご質問は、事務局(担当):小林 までご連絡ください。

LINEで送る
Pocket